drunken J**** in a motel room

文字通り酔っ払った時に書いてるブログ

フェミニズムを掲げたディオールに女の私は背を向けた

ラフシモンズディオールを去った時、私はかの洋服に対して興味を失った。

コレクションを追うのをやめた。

そんなある日、ヤフーニュースにてディオールの新作として i am feministと書かれたTシャツが出て、女性セレブ達がこぞって着ているという記事を目にした。

 

その瞬間、私はディオールに背を向けた。

 

ラフシモンズだったなら、こんなデザインはしなかったであろう。

彼が男だからではなく、現代における最も才能と知性に溢れたデザイナーの一人であるからである。

少なくとも、ディオールという場においてはそんな安易なメッセージを発することは許されない。

 

ある種の洋服は一種の芸術となりうる。

音楽と同じ消費される、生活に根付いた芸術である。その中では様々な主義主張が表現されるであろう。

私は洋服や音楽で政治や主義を語るなという意見には真っ向から反対する。

ジュリアーニを批判する!!!やLCD soundsystemを熱烈に支持しているし、アジアンカンフージェネレーション後藤正文原発に対して発言するのも是としている。

生活に根付いた芸術であるからこそ、生活について語らずにはいられない。生活は政治や主義と固く結びついているから。生活は政治や主義によって容易に影響されるものであるからだ。

しかして、しかして彼らのうち誰が、音楽を政治を語るための手段としていただろう。

そこにあったのはまず優れた音楽であった。

洋服や音楽は政治や主義のための手段では無い。決して無いのだ。

 

白いTシャツに i am feminist と書くことはわかりやすい主張である。

しかしそれは優れたデザインたり得るのだろうか。

そのTシャツの形はその文字をなくしても成立する、美しいデザインであっただろうか。

 

 

ラフシモンズディオールでのファーストシーズンを思い出す。生花に埋め尽くされた壁とそこを歩く完璧にデザインされた洋服たちを思い出す。

とんでもなく贅沢な空間である。

それがフェミニズムでなく何だというのか。

 

 

ただ私のこの頑なな態度にはフェミニズムという言葉のもつ威力が大いに関係している。

フェミニズムという言葉が私の心を仄暗くする。

フェミニズムという言葉が私の自信を無くさせるのである。

 

職場における男女について考えてみる。

私の職場は8割を男性が占めている。しかし近年女性の進出がめざましい分野である。

基本的に同じキャリアの男女では同額の給料をもらえ、同等の扱いを受ける。

産休や育休も取りやすく、子育てのための時短勤務にも対応をしてもらえる。

そのぶんの業務を手分けするのは同期の男性もしくは子の無い女性である。

つまり、一人の女性が当然の権利を主張するとその分はみ出た業務を処理する男性もしくは子供のいない女性が必要となるのだ。

その何となく仄暗い気持ちはホールとなって溜まっているのを見ると何とも言えない気持ちになる。

 

双方の気持ちがわかるし、時には双方の気持ちがわからない。そのすり合わせが私にはできない。

 

私は私の地べたからみた現実を通してしか社会を見ることができない。

私の地べたでは、結婚せずに働く女性に対しての男性からの差別も、結婚して子供を持ちながら働く女性に対する男性からの差別、どちらも存在している。

 

 

by エビスビール

 

 

 

i hate ironman I hate hero's girlfriend

アイアンマンが嫌いである。その枠でいうとバットマンだって好きじゃ無い。

金持ちだったら道楽で体を鍛え、ハイテクスーツを作りなることができるからだ。ビルゲイツだってロスチャイルドの誰かだってなれる簡単なヒーローじゃないか。

 

ヒーローヒーローヒーロー。

私はヒーローが大好きだ。

私はヒーローのわがままな彼女が大嫌いだ。

 

いつだって、ヒーローの心を動揺させ、攫われ助けを求めるヒロインが大嫌いなのである。

 

誰のためのヒーローなのか。何のためのヒーローなのか。

なぜヒーローになり、なぜ戦うのか。

だから彼女のためだけにヒーローになり、彼女の願いを叶えるために街に消えていった鋼鉄ジークを私は熱烈に支持するのだ。

彼女のためのヒーローであれば、それだけに戦えばいいのだ。何となくで、世界を救ってんじゃねえよ。ヒーローであるならば意思を持て。

 

 

 

by よなよなエール、エビスビール

 

 

少女とおっさんという物語

枯れた中年とひねた少女の物語は皆大好きなんだと思う。

古くはレオンがそうだし、ローガンだってそれに則った物語であった。

二人がお互いに反発し合いながら心を通わす物語、誰もが好きにならずはいられない。そして最後には、おっさんは死ぬ運命にある。なんという約束された結末。それでも涙せずにはいられない。

そこには過去と現在と未来がある。時間という感覚がある。時間には誰もが逆らえない。それを知っているおっさんとおばさんがその物語に涙するのだ。

自分の未来にはこの先何も無いという諦めを知っている大人だけが、少女のために自らの命を投げ出す意味を知っている大人だけが涙を流すのだ。

 

 

by夜な夜なエール、エビスビール